ハイジのまわりの日々のできごとを気まぐれに書きとめました


by hei-di
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

3年ぶりだった

実は、仙台旅行の副産物はこんなところにも・・・

伊丹空港に降り、大阪から自宅へと帰るバスに乗ると、すぐ後ろの席に和服の女性を見かけ、
「あれ?!」 とよく見ると、以前お稽古に通わせていただいていた茶道の先生でした。
ご自身の稽古に京都へ行った帰りとのこと。

茶道は50の手習いならぬ、30の手習いで、全く初めての状態で友達と一緒に習い始めたのですが、とても勉強熱心で素敵な先生のおかげで、月3回のお稽古はとても楽しく、作法だけではなく、季節を大切にお客をもてなす暮らしのエッセンスをたくさん学ばせていただいていました。
2年近く続けていたのですが、都合で通う事が困難になった時期があり、それ以来ずっとお休みしていました。
「忘れてしまったらもったいないから、月に1度でもいいから来れる時にいらっしゃい」 と
言っていただいていても、それもついつい行きそびれていたのですが、バスで再会したのをきっかけに、 「今度こそ行きます!」 と宣言したのです。

そして、先日今年最初の釜、初釜にお呼ばれして来たのです。
d0116294_033475.jpg
おとそや点心を用意してくださり、お正月気分満点でした。 
炭を焚いて釜の湯を沸かすと、同時にお香のいい香りが広がり、本当に清々しい気持ちになります。

すっかりお客さんのつもりで行ったのに、せっかくだからとお手前をすることになり、
「えー!! なにしろ2年ぶりなんで、ふくさもさばけるかどうか・・・」 とあわわわわ・・と
うろたえながらも、一応チャレンジすることになってしまったのですが、これがホントに見事なまでに色んな事を忘れていて、愕然となりました。
まぁ、お手前していくにしたがって、だんだんと思いだしてはきたのですが、「続ける」 ということの大事さをすごく実感しましたねぇ。
ついでに、2年ぶりだと思い込んでいたお稽古でしたが、実際には3年ぶりだったという事も判明! 時の流れの速さも実感したのでした(泣)。

今月から月に1度くらいでお稽古に行こうと思っています。
松島の縁結びこけしは、切れかけていたお茶との縁を結びなおしてくれたかもしれませんね。

 
[PR]
by hei-di | 2009-01-17 00:52 | その他