ハイジのまわりの日々のできごとを気まぐれに書きとめました


by hei-di
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「K―20」

d0116294_21463574.jpgその日はせっかくなので、もう1本観ることに。
時間の都合もあって、 「K-20」 に決定。これまたTVスポットで流れる oasis のテーマ曲がカッコイイなぁと思っていたのです。
これもまた全くの予備知識、予習なしで観たのですが、思っていたよりコミカルな作りになっていました。 第2時世界大戦がなかったあとの世界という設定の日本が舞台で、貴族が権力を持つ貧富の差の激しい格差社会の昭和が作り出されていました。

実は金城武が主演の作品は初めて観たんですけど、こんなに芝居のヘタな人だったのかとビックリしたんですけど、これは少しコミカルな演出にするためにわざと!?
明智探偵役の仲村トオルも同様に・・・
よかったのはヒロインの松たか子とカラクリ職人役の國村隼さんかな~。

ちょっとレトロな日本の街とoasisの曲のアンバランスな感じが良さそうだな~と思っていたんですけど、実際にはoasisの「The shock of lightning」が流れたのはエンドロールくらい?? 写真のサントラを確認したら 佐藤直紀さんというコンポーザーのオケだけでした^^;

ちなみに、「K-20」は「ALLWAYS-三丁目の夕日」シリーズのスタッフが制作したことでも話題だったようですが、この佐藤直紀さんもやはり「ALLWAYS」も手掛けてらっしゃる方だそうで、ハイジは全く存じませんでしたけども、超売れっこの作曲家さんなんですね~! → 参照 

後から思えば、途中「そういえば・・」というヒントはいくつかありましたが、最後の怪人20面相の正体には素直に「へぇ~!」と感心(?)しましたよ(*^^)
[PR]
by hei-di | 2009-02-07 22:37 | その他